SDK

組込みアプリケーションの開発がPCで手軽にできる!

ソフトウェア開発キット(SDK)は、Windows上で画像処理コマンドを実行できるリモートコマンド機能を装備しています。

ソフトウェア開発環境画面

ソフトウェア開発環境画面

開発の流れ

開発の流れ

開発ツールの提供

開発の流れの各フェーズで必要な開発ツール(オンラインマニュアル、サンプルプログラム、I/Oドライバなど)をご提供しています。
名称 用 途 対応製品
アプリケーション開発ツール VPMaster 画像処理評価 Ax330
ProGen 実機環境設定済みソースファイル構築
DbgTermNT 実機上のシェル実行
VPSetup 実機ブートファイル編集
VPSetReg PCレジストリ編集
VPVisor 実機ストレージ内ファイル管理
VFWCam PCから実機へ映像入力
IPView 実機内の映像をPCで確認
SetupCamera カメラ制御通信 共通
Flow-tool 画像認識アプリケーション開発支援 Ax400シリーズ
CameraView カメラ映像入力評価
開発ツールの提供

開発ツールの活用例

NVP-Ax400シリーズの場合

NVP-Ax400シリーズの場合

SVP-Ax330CLの場合

SVP-Ax330CLの場合

開発ツールのご紹介

VPSetUp

VP-Axシリーズの起動情報を、画像認識ユニット/ボードにあるシステムブートファイル「boot.ini」へ設定するツールです。

VPSetUp
VPSetReg

PCで使用するVP-Axシリーズ製品の選択や、VP-Axシリーズで必要な情報の設定をおこなうツール(レジストリの設定)

VPSetReg
VPMaster

VP-AxシリーズとPC接続した状態で、映像取込みやさまざまな画像認識コマンドに対する評価をおこなうツールです。

VPMaster
ProGen

VP-AxシリーズSDKを利用したアプリケーション開発用のプロジェクトを作成するツールです。

ProGen
DbgTermNT

画像認識ボード上のシェルを実行するツールです。
DbgTermNTには大きく以下のような機能があります。
①シェルコマンドの実行 
②ダウンロードモジュール (ABSファイル)の実行
③ログ記録
④キープアライブ

DbgTermNT
IPView

PDispImgコマンドで表示する画像をPC上のウィンドウに表示するツールです。VGAモニタを使用しなくても、PC上で画像メモリの状態を確認することができます。

IPView
VFWCam

画像ファイル(bmp,jpg,png,gif)、動画ファイル(avi,wmv,mpg)、または、PCに接続したカメラからのキャプチャ映像を入力元とし、 GetCameraコマンドで映像入力を行うことができる評価ツールです。

VFWCam

【機 能】
・動画ファイル再生(動画再生、動画キャプチャ)
・画像ファイル連続再生
 (画像リストファイルの作成・編集、画像ファイル連続再生)
・PC接続カメラ入力
 (PC接続カメラからのリアルタイム動画表示、動画キャプチャ)
・映像入力待ち受け

VPVisor

画像ユニット/ボード上のファイル管理を行うソフトウェアです。

VPVisor

【機 能】
・ファイル管理(参照・作成・削除・コピー・移動・簡易エディタ)
・スタートアップファイル、システムブートファイルの設定
・オンボードドライブ操作(フォーマット・デフラグ)
・その他(ボードリセット等)

デバッグ環境

NVP-Ax400シリーズの場合

開発用PC(Windows)と実機となるボードユニットをEthernetで繋ぎ、デバッグ環境を構築できます。 NVP-Ax400シリーズの場合、実機にプログラムを書き込んだ状態でデバッグを進めていただけるので、非常に効率的です。
NVP-Ax400シリーズの場合

SVP-Ax330CLの場合

開発用PC(Windows)と実機となるボードユニットをEthernetで繋ぎ、デバッグ環境を構築できます。 SVP-Ax330CLの場合、接続したPCから機器側にコマンドを送信してデバッグを進めていただけます。
SVP-Ax330CLの場合

画像認識ソリューションに関するご相談、ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

Copyright Maxell Frontier Co., Ltd. All rights reserved.