開発環境・サポート

ソフトウェア開発キット(SDK)は、Windows上でターゲットボード用のアプリケーションの開発とデバッグができる環境を提供します。

開発環境

画像認識 アプリケー ション
開発環境
ソフトウェア
開発キット(SDK)
NVP-Ax430SDK SVP-Ax330SDK
開発用
コンパイラ
  - VisualC++
ターゲット用
コンパイラ
GNU Compiler Collection(GCC) SuperH RISC engine C/C++
ホストPC Windows10(32/64bit)
ライブラリパッケージ GR Library Package (バーコードライブラリ)① GR-BARCODE/DECODER
② GR-DataMatrix/DECODER ③ GR-QR/DECODER
TFPS
GUI開発環境 Qt ※1   -
※1 Linux上のGUI開発フレームワークは、Qtを推奨環境としています。
SDK GR Library TFPS ドキュメント

ツール

開発環境設定 VPSetup2 ネットワーク設定、最新ファーム更新など 
VPSetReg2 ボード番号登録
LinuxFormat LinuxSDK設定ツール
デバッグ評価 IPView2 仮想モニタツール
ProGen2 プロジェクト生成ツール
VFWCam2 仮想カメラツール
VPMaster2 画像処理確認ツール
VPVisor2 ファイル管理ツール
DbgTermNT2 ターミナルでシェル実行
ダウンロードページから、無償ダウンロードできます。
ダウンロード

Flow-tool

Flow-tool
Flowーtoolはプログラムをすることなく、画像処理アプリを構築できるツールです。
画像取込みから処理、結果出力まで、ブロック化されたコマンドを並べて繋げれば短時間で評価アプリケーションを作成することができます。
また、ルーティン化された部分はまとめてブロック化することで、次回作成時にそのブロックをそのまま挿入できます。 組んだアプリをプログラムとして吐き出すことも可能ですので、チューニングして使用できます。

Maxell画像認識 簡易アルゴリズム開発支援ツール【Flow tool】 - YouTube

CameraView

CameraView
通常画像処理では、カメラ取り込みまでの設定に戸惑うケースが散見されます。
CameraViewを使用すると実機側でスムーズにカメラ評価がおこなえます。

サポート

無償評価対応

導入にあたり、費用や工数もかさむため、イメージ通りに仕上がるのかどうか心配になるものです。
マクセルフロンティアでは、導入前サポートとして、簡単な評価であれば、無償対応いたします。

開発イメージ

Ax400シリーズでは、WindowsPCからEclips*を使用して、ターゲット用アプリケーションのコーディング、書込み、デバッグ、実行が直接可能です。
開発イメージ
※Eclipseはフリーでオープンソースの統合開発環境です。

ソフトウェア開発サポート

私たちは画像処理のプロとして、カスタムを前提としたお客さまに対し、システム構築のトータルサポートをおこなっています。
ソフトウェア開発サポート

画像認識ソリューションに関するご相談、ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

Copyright Maxell Frontier Co., Ltd. All rights reserved.